診療案内

※治療方法は一例です。症状・状態によって治療は変わってきます※

初期虫歯、 厳密にはまだ虫歯ではないので、正確には「要観察歯」や「ホワイトスポット」と言います。
歯が溶け始めて虫歯が始まっている状態です。

治療経過観察 → フッ素 ※この段階であれば、フッ素入りの歯磨き粉を用いて歯磨きをしっかり行うことで、再石灰化させることができます。

C1

歯の表層(エナメル質)のみの虫歯です。
痛みなどの自覚症状はほとんどありません。 この状態の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです!

治療経過観察 → フッ素レーザー治療(自費)もできます。
 レーザー治療のメリット/「削らない」「痛くない」「時間がかからない(ほんの数秒で終わります)」

歯の内部、象牙質まで広がった虫歯です。
冷たいものや甘いものがしみるようになります。痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

治療麻酔→虫歯になっている所をとりのぞく → 樹脂をつめる(温存療法)c2の治療過程

C3

歯の神経(歯髄)まで及ぶ虫歯です。
温かいものがしみたり非常に強い痛みを感じます。

治療
 金属の歯を被せる

治療詳細>>CLICK

C4

歯の根っこの部分しか残っていない虫歯です。
神経が死んでしまい痛みを感じなくなります。 また、この状態を放置しておくと全身の健康にまで影響を及ぼす場合があります

治療

『抜歯』
インプラント 入れ歯

虫歯治療の中には、単に詰め物をして終わるものや、形をとり、後で金属を入れるものいろいろあります。
それは虫歯の進行の度合いにより処置内容が変わってきます。

虫歯が神経にまで達してしまったので神経を取り除く治療を施していきます。 麻酔をしてやられている歯の神経を取り、神経を取り除いた神経の穴び形を整え防腐剤が入れやすいようにする 防腐剤を詰める 防腐剤を詰めた穴をさらに整形
基礎を作り、形を取って製作した金属の土台を神経を取り除いた歯にはめ込む
土台をはめ込んだ歯をさらに削り形を取る 上にかぶせるものを作製 かぶせて終了

レーザー治療


現在レーザー治療はほとんどの治療に応用がききます。たとえば、虫歯の治療も削ることなく麻酔もせず治療ができたり、歯槽膿漏の処置や歯がしみるという知覚過敏の処置、歯を白くしたり、口の中にできた傷も治すことができます。 短時間でしかもほとんどの治療が麻酔なしで処理ができ、なんといっても!
ほとんどの場合痛みを伴わず治療ができるのが最大の利点です。 特に、子供の治療には短時間で終わり子供自身何をしたのかわからない うちに処置が終わってしまうので、とても効果的です。

予防歯科

1 2
3 4
5 6
7 8


予防歯科

処置前処置後
食物などにより歯にいろんな色素が付着します。
紅茶、コーヒーなど茶色い色がかなり目立ち、歯磨きでは落ちない状態です。
処置後処置後 ついていた着色も、歯を削ることなく白くすることにより、本来の歯の輝きが戻ってきます。
美しさは口元から! 美しい笑顔は清潔で、明るい印象を与えます。
口元にコンプレックスを感じておもいきって笑えな かった方が、歯並びや歯の色を変えることで、見た目のイメージを左右するだけでなく、精神面ま でも変えることができるのです。
歯を削ることなく白くできるのが人気の秘密のようですね!主婦の方から学生さん、 忙しいサラリーマンの方まで年齢性別は訪わないのも魅力です。
歯の色でお悩みの方は気軽にご相談ください。